中古車の価値:中古車の概念

中古車という言葉は、一般的には新車に対して使われる言葉です。
一般的には、購入した時点で過去にだれかが乗った経緯のある車のことを言っています。

 

しかし、自動車業界での定義では、中古車というのは「一度ナンバー登録された車のこと」となっています。
一度もナンバー登録されていない車で中古車というのはありえません。
というのも、それに、一般道路を走るためには、車はナンバー登録をしなければならないとなっているからです。

 

だから、自動車メーカーで生産された後に、ナンバーがつけられると、人が運転席に乗らずに
まったく道路を走ったことのないピカピカの車でも、10年間道路を走り続けてあちこちに傷がついていても、
呼び方としては、同じように中古車ということになります。

 

私たちが車を乗り継ぐ場合、一般的には、まず新車を購入してナンバー登録し、行楽や通勤のために乗り続け、
その後、新しい車がほしくなると、今まで乗ってきた車を売りに出します。
この時、今まで乗ってきた車が、その後に中古車と呼ばれることになるのです。

 

新車として入手してナンバー登録されても、そのままだれも乗らない車もあります。
その代表的なものが、自動車販売店の展示場に飾ってある車です。
この車は、未使用車あるいは新古車とも呼ばれることもあります。

 

未使用車は、人が乗った経緯もなく走行距離も少ない中古車なので販売にあたっては、中古車の中でも
かなり優遇されます。

新車同然で、しかも新車よりも価格が安いということから、
自分のほしい車種にこのような車がないか探してみるのも中古車探しの楽しみ方の一つといえます。

 

中古車の価値記事一覧

中古車の定義は、一度ナンバープレートがつけられた車ということなので、ナンバープレートがつけられても一度も道路を走ったことのない中古車というのもあります。このように、まだ運転席に人が座って走行されたことのない中古車は、未使用車または新古車と呼ばれています。車の利用者が新車をほしがる理由は、まだだれも使...

中古車といっても、メーカーによって品質が保証されているものがあります。新古車のようにまだ使用されていない車というのではなく、普通に乗られてきて、そのうえで品質が保証されている車のことです。これは、メーカーの正規のディーラーが扱っている中古車のことで、部品を新品に交換してあったり、徹底した点検が行われ...

中古車のなかでも、利用者がまだ十分走行していないのに評価がかなり下がっているものがあります。事故車や水没車などです。事故車とは、交通事故によって車体や車の機能部分に傷を負ってしまった車。水没車とは水害などで水浸しになってしまった車のことです。要するに何らかのトラブルに見舞われてしまった車ということで...

中古車の価値は、車の性能を判断する年式や走行距離などのほか、市場での人気などが関わってきますが、車検がついているかどうかもかなり左右してきます。中古車を購入するとき、車検があるかないかということには、だれも目がいきがちです。車検とは、定められた期間ごとに受けなければならない車の検査のことで、具体的に...